長年のモヤモヤを取り払う方法|プチ整形の魅力に迫ろう

女の人

手軽にコンプレックス解消

瞳

入院不要でできる

プチ整形は整形手術のようにメスを使うことなくコンプレックスとなっている部分を好みの形に改善できるものです。目元に行うプチ整形は二重にする形成術がほとんどです。瞼の裏側から二重になる部分を手術用の糸で数か所止めるという方法が主に行われています。簡単に行うことができ、整形手術のように顔にメスを入れることもなく、入院も不要なため長期間の休みを取らなくてもできるのが人気の理由です。しかし針を刺すので人によっては目元が腫れてしまうこともあります。こんな時のために数日間休みが連続してある連休のタイミングなどでプチ整形を行えば、休み明けからは自然な二重で仕事や学校に行くことができます。今まで毎日テープなどで二重を作っていた人にとっては、プチ整形を行うことで朝の忙しい時間の短縮になったり、目元のテープが外れて一重なのがわかってしまうかもしれないという不安感を抱かなくて済みます。また、プチ整形の良さは「元に戻すことができる」という点です。整形では元に戻すことは難しいものですが、目元のプチ整形の場合には糸を切るだけですぐに元の状態に戻すことができます。やってみたけど気に入らないという場合にもやり直しが簡単にできるので安心です。

信頼できる医師を探す

プチ整形は簡単にできるもので安全性も高いものだと言われていますが、それでも肌に針を指したりする立派な医療行為です。特にまぶたの裏に糸を残したままにする二重形成術はその糸の影響で目がチクチクしたり違和感を感じる、コンタクトができなかったという声もあります。また、普段は気にならないけれどまぶたをこするとゴロゴロするという過去には感じなかった違和感が生じてしまうことがあります。これは二重を維持するために必要なものではありますが、このような症例もあるということを理解しておくと良いでしょう。また、これらの違和感などは手術する医師の腕によるところも大きいと言われています。まぶたに裏を糸で止める手術の場合、糸の止め方が緩いと違和感を感じやすくなったり、使用している糸の品質によって切れやすくなることもあります。すべてのクリニックがそうではありませんがプチ整形の費用が安いからという理由で受けるクリニックを決めてしまうのはやめておきましょう。実際にプチ整形を受けた人の口コミを見たり、カウンセリングを受けて信頼できる医師がプチ整形を行ってくれるクリニックを選ぶようにすることが美しい二重を保つためのポイントになります。